処理 (OCR)に使用するCPUコア数 (の制限) の変更- ABBYY FineReader

ABBYY FineReader 15 と 14 は 仕様 により、CPU で使用可能な N コア数 から N-1 の コア数 を使用することができます。

この 仕様 は ユーザー が ABBYY FineReader を起動した後、N-1 のコア数 を使った バックグラウンド の 実行処理: Executor Processes (実行ファイル名は FineExec.exe) が開始されるということです。
例: PCが N= 8 の CPU を持っていた場合、N-1= 7 の FineExec.exe 処理が起動されます。

この デフォルト の設定は変更することができます。変更は、ABBYY FineReader の メニュー > ツール > オプション > 「その他」 > 「OCR に使用するアクティブプロセッサコアの数」から行えます。設定の反映には、FineReader の再起動が必要です。

この記事は役に立ちましたか?

6人中5人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧