手書き文字OCRと複雑表、複数ページ、複数種類帳票 - 外部手書きOCRエンジン と の連携でどんな帳票でも読み取る! - FlexiCapture 12 機能

文書フィールド の任意の箇所を サードパーティ の 手書き エンジン に認識させることができます。認識された テキスト は、FlexiCapture の OCR結果 と統合して扱えます。

例: 外部エンジンによる 手書き 文字 の 読み取り

mceclip0.png

1. 手書き 部分の領域を特定

  ⇨ FlexiLayout で柔軟に領域特定できます。

2. 部分画像を外部エンジンへ送信

  ⇨ スクリプト で 外部エンジン の API を実行します。

3. 戻り値の テキスト を対象フィールドへ設定

  ⇨ この後は FC の OCR結果 と 同じように 扱えます。

4. 検証

  ⇨ テキスト/手書き の 区別なく 検証 できます。 

※ 外部連携として、以下のような事例もございます。

  • 外部手書き タイ語 エンジン との連携
  • エクセル マクロ の呼び出し

FlexiLayout、FlexiCapture による 多種多様、複雑な帳票全体の レイアウト、複数ページ、複数の帳票の種類混合、...など を理解した上での、画像上の 各要素の 認識 と読み込み位置の設定、そして、RPAのような特殊な機能 も多くが 単独で実装できる事は 同アプリケーション の非常に優れた機能です。

ですが、読み取り場所が決まった後の文字の読み取りは、日本語・外国語、文字種、手書き、など エンジン、アプリケーション により得意・不得意な分野があります。外部エンジン の利用によって、得意な分野はその エンジン に任せ、臨機応変な対応が行え、より高い精度の OCR が可能となります。

 

強力なOCRアプリケーション ABBYY FlexiCapture 12 について、是非お問い合わせ下さい!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

この記事は役に立ちましたか?

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

最近の閲覧