OCR精度向上 - オペレータ による 修正 を次回から反映させる - FlexiCapture 12 機能

AI OCR の主な機能として「オペレータによる   修正を次回から反映させる」というものがあります。

FlexiCapture なら AI を使わなくとも明示的に 設定できます。動作部分が見えるので、挙動の変更も柔軟に対応できます。

1. オペレータの修正結果をCSVなどDBに自動的に保存する

  - イベントハンドラのスクリプト

mceclip0.png

2. CSV、DB を参照して次回から値を補正する

  - スクリプト ルール

mceclip2.png

mceclip3.png

補正結果 を CSV に残すことができます。各版 を 保存する ことで 履歴 を残したり   手動 で 修正する ことができます。

 

強力なOCRアプリケーション ABBYY FlexiCapture 12 について、是非お問い合わせ下さい!

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。