FineReader15とSharePoint Onlineとの統合

FineReader 15SharePoint Onlineと連携させることが可能です。

  • HotFolderへのエクスポート
  • PDFエディターのチェックイン/チェックアウト機能のサポート (詳細については、SharePointに保存する方法の記事をご参照ください。)

重要: Microsoft SharePoint Clientをインストールする必要があります。本コンポーネントがコンピューターにインストールされていない場合には、FineReader 15はそのコンポーネントをインストールされます。

以下のリンク先から上記のコンポーネントを手動でダウンロードできます: SharePoint Online Client Components SDK

SP_online_1.png

SharePointをアクセスするには、ノーマライズされたリンクを使用することをお勧めいたします。

ノーマライズ化方法 (Internet Explorerのウェブブラウザしか動作しません):

  1. 目的のSharePoint Onlineのライブラリをオープンします。
  2. Internet ExplorerでSharePointのウェブサイトを「信頼済みサイト」として追加します。
  3. Internet Explorerで「ツール」>「インターネット オプション」をクリックします。
    set1.png
  4. セキュリティタブを選択します。
    set2.png
  5. 信頼済みサイト」をクリックし、サイトのボタンをクリックします。
    set3.png
  6. ウェブサイトのURLを入力し、「追加」をクリックします。
    set5.png
  7. 終了したら、「閉じる」をクリックします。
  8. SharePointのライブラリで、「すべてのドキュメント」>「エクスプローラーで表示」をクリックします。
    set7.png
  9. プロンプトが表示される可能性があります。「許可」をクリックしてください。
  10. ライブラリを開き、メニューから[ライブラリ]をクリックして、エクスプローラーで開きます
  11. ライブラリがWindowsエクスプローラーでオープンされた後、アドレスバーにあるアドレスをコピーします。
  12. ABBYY HotFolderの「SharePointに保存する」のセクションにリンクをコピーします。
    set9.png

PDFエディタにはUNCパスまたはローカルパスが必要です。このような作業の場合には、ドキュメントのプロパティから[場所]の行をコピーすることでUNCパスを取得できます。又は、右クリックでパスをコピーすることができます。

set8.png

PDFエディタでは、[ファイルを開く]のダイアログメニューへパスをコピーしてファイルを開くことができます。

set10.png

注意: SharePoint Onlineの場合、Microsoftはネットワークパスの接続方法を使用しないことを推奨しますOneDriveの接続方法を使用することをお勧めします。この場合には、ファイルをエクスプローラーとファイルダイアログからアクセスできます。

この記事は役に立ちましたか?

1人中1人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧