コスト分析

主な用途

コスト分析は、プロトコルまたはワークフローと同様、特殊モジュールの一種です。他の特殊モジュールと異なる点として、コスト構造を定義した場合、表示している(コスト情報を持つ)分析パネルだけでなく、他の(コスト情報を持つ)全ての分析に影響・値の反映があることです。コスト分析ではユーザーは、各イベント毎ににコストを割り当てることができます。コストは、固定または変動(時間ベース)の選択ができます。コスト分析は、「ツールメニュー>コスト設定」から設定を実施、内容を確認できます。

概要

コストを設定すると、平均コストおよび合計コストが算出され、2つの新しい測定基準(画面上部の期間やイベント数のような分析基準)が利用できるようになります。結果として、コスト測定基準は測定基準ボックスに表示され、併せてダッシュボードに組み込むことができるようになります。また、パス分析では、パス列上部にコストが表示されます(パスの件数や時間と同様、測定基準としてコストが表示されます)。
画面上部にある、測定基準ボックスの「合計コスト」測定基準にはヒストグラムが無いため、フィルタとして使用できません(「コスト」測定基準と同じ内容が反映されます)。表示に関しては、測定基準ボックス、ダッシュボードで可能です。
コスト分析は、他の分析とは異なり、基本的にコストの事前設定が必要です。コストの設定(測定基準が定義)されると、本プラットフォームの他の分析ツールで、コストの切り口で分析を可能とします。

視覚化

コストを定義(固定コスト、時間コスト、その両方設定を定義)すると、コスト測定基準、合計コスト、平均コストが存在する全ての分析にその値が反映されます。

コストの定義

コストはイベント毎に定義され、次のように表すことができます:
イベント毎の固定コスト。このコストは、次の属性の設定値で構成されます:

  • · 属性の設定内容で構成される、イベント毎の固定コスト。コスト金額は以下から取得されます:
    • イベント毎に設定した数値(例:患者到着イベントは、$10)
    • イベント毎の属性に設定した数値(例:手術イベントから「手術価格」属性)
    • イベント毎の属性値に紐づく、ルックアップテーブルの金額。ルックアップテーブルは次のような構成となります:
      • 直接入力(設定)した値
      • ファイルから読込。
    • 時間ベースコストはインターバルとレートで定義されます。
      • インターバルは以下のように定義されます:
        • イベントの2番目のタイムスタンプ属性。
        • 次のイベント(種類を問わず)

特定のイベントは、「以降のイベント」、または「特定の後続イベント」の設定ができます。「特定の後続イベント」のケースに複数のイベントがある場合、「最初の1つ」、「最後の1つ」のイベントを設定、属性の指定もできます。

時間ベースコスト」が「2番目のタイムスタンプ」または「それ以降のイベント」に設定されている場合、時間レートはイベントの属性によって異なります。特定の2番目のイベントから時間が取得される場合、そのレートは両方のイベントの属性により定義(設定)されます。この定義(設定)は、前述の固定コストに関する場合と同じです。

デモビデオ例(英語。近日、日本語公開予定)

10_Cost.png

TriageStartedイベントの場合、固定コストは「SupplyCost」属性の値と、属性「AcuityLevel」に基づくルックアップテーブルの値で構成されます。時間コストについては、時間インターバルはこのイベントから次の「TriageCompleted」イベントまでの時間で定義されます。時間レートは属性「TriageCompleted.DoctorName」に依存します。

リスト:

Cost01.png

新規コストの追加と定義:

Cost02.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

最近の閲覧