測定基準履歴

主な用途

測定基準履歴ツールは、設定した期間で測定基準の変化の状態を時間経過で視覚化できます。測定基準履歴は、「分析メニュー>測定基準履歴」から設定内容を確認できます。

概要

測定基準のリスト

ドロップダウンリストに含まれるオプション:

  • タイムラインの数
  • 期間
  • タイムライン毎のイベント
  • タイムライン毎の固有のアクティビティ
  • 連続するイベント間の時間差
  • カスタム時間差...

範囲を入力/選択するか、測定基準履歴グラフの範囲スライダーを移動して、分析する日付の範囲を設定できます。

MetricHistory_01.png

分析フィルターを更に実施していくと、タイムラインの詳細を見ることができます。
左上「経過時間による、測定基準: 」のリスト、項目2~5は標準測定基準です。オプション1は、「タイムライン件数」です。
オプション8「カスタム時間差」は、インターバル測定パネルの上部と同じ表示し、インターバルの始まりと終わりのイベント、オプションで属性を指定できます。

MetricHistory_02.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

最近の閲覧