デッドライン

主な用途

デッドラインツールは、タスクを締め切り(それまでに何かを完了させるべき時間または日付)前に完了させるために使用します。デッドライン分析は、「分析メニュー>デッドライン分析」から機能を確認できます。

概要

分析機能

デッドラインの定義

  1. タイムインターバル:他のイベントが発生することが予想される1つのイベント後の時間の間隔(イベント間の時間間隔。秒、分、時間、日、月、年)。
  2. 締切時間:1つまたは複数のイベントが指定時間までに開始された場合、その次に想定されるイベントが発生するまでの時間(設定される締切時間)。

Deadline_01.png

デッドライン分析を実行すると、デッドラインを超過したタイムラインを表示し、ユーザがデッドラインをフィルタリングして、セットに出来るようになります。

アラート機能

「アラートのステージ」を構築できます。これは、より多くの条件で期日の設定ができる機能です。例えば、デッドラインが違反される前にアラートを送信することができます。デッドライン違反が発生したら、マネージャーに通知します。他の人にアラート/通知することや、ソフトウェアシステムによってタスクを実行させて問題をエスカレーションすることが可能です。

デモビデオ例(英語。近日、日本語公開予定)

05_Deadline.png

シンプルな時間間隔でデッドラインを定義:この保険請求では、請求が発生し、セットアップされたら、調整者を8時間以内に割り当てる必要があります。8時間はデッドラインまでの時間幅です。つまり、イベント「請求発生」および「請求セットアップ」から8時間以内に「調整者割り当て」イベントが発生しなければならず、それが発生しなかった場合には、アラートが上げられます。

 

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

最近の閲覧