プロセススキーマ

主な用途

ABBYY Timelineプロセススキーマができること:

プロセススキーマエディタは、一番多く発生する(一般的とされる)プロセスパスを視覚的にマップする機能を提供すると同時に、全てのアドホック(突発的)プロセスフローを表示します。本スキーマツールが統計分析に基づいて作成する、最重要のマイルストーン(イベント)を利用することも可能です。また、個別にマイルストーンを選択することで、個別のプロセススキーマ/プロセスの視覚化も可能です。スキーマツールに最重要のマイルストーンを作成させると、ABBYY Timelineは高度な統計分析に基づき、プロセスの同じ場所でプロセスの最も多く発生する(信頼度が高い)ステップを選択します。
他のプロセスよりも時間がかかったり、遅延するプロセスインスタンスを、迅速に識別できるようになります。(タイムライン動画の再生中では、)インスタンスに多くの時間が費やされていると、本スキーマツール上でインスタンスの色は緑、黄、オレンジ、赤と色が変わります。イベント間の線の太さは、その推移があるタイムラインの数、またはその推移がある特定タイムラインの時間の長さを表します。ボトルネックのあるエリアを迅速に把握し、特定のプロセスインスタンスを掘り下げて根本原因を調査することができます。プロセススキーマは、「分析メニュー>プロセススキーマ」から機能を確認できます。

概要

はじめに、「新規スキーマを作成」を選択します。

Schema_01.png

次に、マイルストーンを選択します。「デフォルトのマイルストーンを選択」(データに基づき、一番重要であるスキーマを本ツールで自動選択)機能で実施するか、またはユーザによるマイルストーンの選択、もしくはその両方で選択することができます。

Schema_02.png

「デフォルトスキーマを生成」をクリックすると、以下の例に示されるようなスキーマが表示されます。
生成されたスキーマの、イベントを移動させるなど表示のカスタマイズを行うことができます。スキーマを保存すると、本ツールのUIは、(タイムライン動画の再生可能な)モニタリングプラットフォームの表示になります。
スキーマエディタの右側(サイドバー内)にある、「イベントの場所」、および、そのラジオボタン下の「イベント選択(もしくは、イベント名)」から、イベントを選択すると、パーセンテージが表示されます。これは、選択イベントから推移されるイベントの可能性の割合を示しています。

Schema_03.png

プロセススキーマはパス分析モジュールでも可視化でき、スキーマを並べて比較し、時間とコストの面でも比較することができます。

デモビデオ例(英語。近日、日本語公開予定)

08_Process_Schema.png


ABBYY Timeline シティサービス プロジェクトで、生成された以下のプロセススキーマをご覧ください。
これは、特定プロセスのマイルストーンに基づいた、最も多く発生する(一般的とされる)スキーマを示しています。線の太さに依って、パスの数量や、費やされた時間を正確に示しています。マウスポインタを当てるとプロセスフローに関する統計が表示されます。この分析ツールを使うと、最も多く発生する(一般的とされる)プロセスが理解できます。ABBYY Timelineツールは、スキーマにイベント発生のパーセンテージを表示することで、プロセスが頻繁に発生する場所とフローを特定することができます。

Schema_04.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

最近の閲覧