分類

主な用途

タイムラインにカテゴリー設定行うことができます。個別のカテゴリは、簡単なフィルタリング機能(クエリ)を利用し設定します。分類には、複数のカテゴリーを登録することができるので、まとめて分類(クエリによるフィルタリング)を行うことが可能です。分類は、ツールメニュー>分類もしくは、タイムライン分析画面の右上のアイコンから呼び出すことができます。

概要

分類で定義される、個々のカテゴリは相互に排他的です(個別に実行されます)。そのため、個々のカテゴリは、実行時に、個別に選択することができます。
「デフォルトのカテゴリを使用」はオプションです。分類にデフォルのトカテゴリーを設定してない場合、タイムラインに特定の分類のカテゴリーが無いというだけで問題ありません。

分類とカテゴリーの使用

分類やカテゴリはさまざまな利用方法があり、タイムラインを分類します:

  • タイムラインをフィルタリングするため、ディメンジョン機能のように利用。ユーザーは、ディメンジョンのイベント/属性/値を選択するのと同じように、分類/カテゴリーを選択できます。
  • トレリスチャートを作成するディメンジョン機能のように利用。ディメンジョンのイベント/属性を選択するのと同じ要領でカテゴリーを選択できます。
  • 分類を選択することにより、時間経過における、カテゴリの分布変化を表示できます。
  • プロトコル違反分析のベースとして使用。分類の分布変化は、プロトコル違反の特別な条件絞込みとして利用できます。

分類とカテゴリーの定義

分類を登録すると、分類名がアルファベット順のリストで表示されます。このリストは画面右側で拡張表示される、アプリケーションメニューからはアクセスできます。このリストに含まれるアイテムは、追加、削除、編集が可能です。プロジェクト内で同じ分類名は使えません。
分類には名前、カテゴリーリスト、オプションで「デフォルトのカテゴリを使用」があります。

Classification_01.png

カテゴリーには名前と色のオプション設定があります。デフォルトを除いた、すべてのカテゴリーには、クエリパネルのようなポイントアンドクリック構成のUIで設定ができます。設定したクエリを実行することで、タイムラインは、(実行された)カテゴリーに属します。

患者のタイムラインは患者のステータス(入院 vs 退院)、病気のタイプ、特別処置の有無等に基いて分類されます。セールスタイムラインは、取引タイプ、取引サイズ、取引規模の拡大傾向・縮小傾向等に基いて分類されます。

分類が使用される個所

  • フィルタの作成
  • タイムラインへの色付け
  • プロトコル違反の影響の分析
  • フィルタとしてのカテゴリー

新規に分類を作成する場合、タイムラインパネルの右側のアイコン:[カラータイムライン]ボタンをクリック、「 タイムラインの色付け」パネルの「分類を開く」をクリックします(もしくは、アプリケーションパネルから「分類」を選択します)。左下に「+新規分類追加」項目があるので、分類名を入力、Enterキーで、分類項目が作成されます(この状態では、カテゴリ設定がされてないので、フィルタ機能が使えません)。分類項目に付属する、編集ボタンをクリックすることに依り、「分類エディター」が起動されカテゴリ設定が可能となります。

タイムラインパネルの右側のアイコン:[カラータイムライン]ボタンをクリック、「タイムラインの色付け」パネルの「分類を開く」をクリックします。既に分類が存在する場合(分類にカテゴリ設定がされている場合)、分類項目、右にあるフィルタアイコンをクリックすると、フィルタパネルが表示されます。フィルタパネルには、「全て選択」とそれ以外(カテゴリ)のチェック項目があります。「全て選択」をチェックすると、2番目以降のチェック項目(カテゴリ)に自動的にチェックされます。これらのチェックは、一部または全部にチェック/チェック解除ができます。

タイムラインに色を付ける

分類を作成する際、デフォルトの設定と、各カテゴリーには色の割り当てが可能です。カラーホイールからデフォルトの色を割り当てることも、デフォルトで色を指定しないこともできます。任意のカテゴリーに任意の色を割り当てることができます。
タイムラインパネルの右側のアイコン:[カラータイムライン]ボタンをクリック、分類のリストから色を選択するか、「現状のスタイルをクリア」オプションを選択します。分類が選択されると、カテゴリーで設定した色がタイムラインに適用されます。

 

 

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

最近の閲覧