シミュレーション / As-Is To-Be の実施

シミュレーションは、イベント毎と業務プロセス全体の期間とコストに対して、現状と将来の期待値(効果)の視点でみることができます。業務プロセス全体に対するイベントでの割合も確認できる為、ボトルネックや、費用/期間を削減した際の効果も直観的に把握することができるようになっています。
また、絞込み機能を併用することで、例外処理を除外した場合のシミュレーションも可能の他、シミュレーションした内容をCSVに落とすことができる為、表計算ソフト等で更なる比較検討分析も可能となります。

本機能は、主にボトルネック分析機能を用いて実施を行います。

bottleneck_01.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

最近の閲覧