現状分析の実施

現状分析には、様々な分析ツールを用意、必要に応じた切り口・気になる視点からの分析を可能としています。以下、代表的な分析ツールの紹介をします。

  • 読み込んだデータから全てのモデル化を具現化+その影響度(期間・コスト)を見ることができる、「パス分析
  • プロセスの期間・件数・コストのバラつきを可視化する「測定基準ボックス」
  • イベント間の停滞状況や例外フロー等を把握する「スキーマ分析
  • 例外処理を絞り込む、「クエリ―」「プロトコル
  • 地域、部署、担当、会社等々、付帯(属性)情報による影響度を見ることができる「ブレイクダウン」
  • イベントの期間とコストの把握「ボトルネック

業務にもよりますが、最初の取り組みとして、「パス分析」もしくは「測定基準ボックス」からの分析アプローチを実施するのが一般的です。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

記事コメントは受け付けていません。

最近の閲覧