プロジェクトをサーバーにアップロードする時のエラー:参照済みファイルが見つかりません:'_Section1_Variants'

現象

プロジェクトをサーバーにアップロードしたところ「参照済みファイルが見つかりません:'_Section1_Variants'」エラーとなっています。管理およびモニタリングコンソールの「設定 → プロジェクト」ページによると、プロジェクトがサーバーにアップロードされています。プロジェクト設定ステーションでプロジェクトをサーバーから開けるが、文書定義を開く際に同じエラーが発生します。

一方、プロジェクト設定ステーションでローカルプロジェクトを開くと、文書定義を問題なしに開けます。

原因

可能な原因は以下の通りです。

  • プロジェクトの仮ファイル(フォルダ:C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\ABBYY\FlexiCapture\12.0\CheckoutData)が破損されています。
  • ユーザーのFlexiCaptureの仮ファイルのフォルダへのユーザーのアクセス権がありません。

解決

  1. ユーザーのFlexiCaptureの仮ファイルのフォルダ(C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Roaming\ABBYY\FlexiCapture\12.0\CheckoutData)をクリーンアップ。クリーンアップ前、このフォルダをバックアップするのが推薦です。
  2. サイズ圧縮」。プロジェクト設定ステーションでローカルプロジェクトを開き、メニューで「プロジェクト → サイズ圧縮」を選択します。サイズ圧縮の前、プロジェクトをバックアップするのが推薦です。
  3. ユーザーのFlexiCaptureの仮ファイルのフォルダへのユーザーのアクセス権を確認。

上記が効果していない場合、以下の回避策を試してください。

  1. サーバーからプロジェクトを削除します。
  2. ローカルプロジェクトをプロジェクト設定ステーションで開きます。文書定義エディターで文書定義を開きます。
  3. セクションプロパティを開きます。

  4. データセット​」タブで「クリーンアップ」ボタンをクリックします。

  5. 表示」ボタンをクリックし、以下のレコードを追加します。

    スクリーンショットはデフォルトの設定に適しています。もし、バリアントにカスタマイズがありましたら、以前と同じレコードを追加下さい。
  6. 文書定義を保存し、公開します。
  7. プロジェクトをサーバーにアップロードします。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧