エクスポート: Export 結果ファイルで 表 の 列名ヘッダ を日本語など、希望した文字で出力したい - FlexiCapture

FlexiCapture の XLS、CSV、等の ファイル への エクスポート を設定する際、

結果の列名を 日本語 で出力したい場合があるかもしれません。

その場合は、以下のような手段があります。

  • 「フィールドマッピング」 設定ウィンドウで列名を変更
  • フィールド名を日本語で設定する

以下、詳細を説明しています。

「フィールドマッピング」 設定ウィンドウで列名を変更

エクスポート プロファイル の設定での「フィールドマッピング 」設定ウィンドウ を用いて、ヘッダー列名を 日本語 などに変更できます*。

*システムや、プログラミング の 基本 として、変数名 などは、英語名にすることが基本であり、FlexiLayout の ブロック名 などでは、日本語名が禁止されています。

  1. 文書定義 エディターで「エクスポートの設定」を開きます。
  2. エクスポートプロファイル (リスト中の一行) を選択し、[編集] をクリックします。
  3. データフォーマット設定 の 右側 にある [オプション] ボタンをクリックします。
  4. [フィールドマッピングを設定] ボタンをクリックします。
  5. 名前変更が必要なフィールドを選択し、「エクスポートフィールド」列の値を変更します。

以下の例の設定では、「CreditNoteNo」フィールドの列名 は エクスポート された ファイル に「Number」として出力されます。

1.「エクスポートの設定」- 2. [編集] ボタン

mceclip0.png

3.「データのエクスポート」- [オプション] ボタン

mceclip1.png

4. データフォーマット設定 - [フィールドマッピングを設定] ボタン

mceclip2.png

5. 「フィールドマッピング」 を設定 - 「エクスポートフィールド」列の値を変更

日本語の入力も可能です。

mceclip3.png

ファイル への エクスポート設定 については、
以下の URL にあるABBYYオンラインヘルプトピックをご参照下さい。
https://help.abbyy.com/ja-jp/flexicapture/12/distributed_administrator/export_file

フィールド名を日本語で設定する

フィールド名 を 日本語 にすれば、そのまま出力結果のフ ィールド名、列名 も 日本語 で出力することができます。

ただし、FlexiLayout から引き継いだ ブロック名 = フィールド名 は変更できませんので、上記のような方法や、フィールドの値のコピー などを利用します。

フィールド値のコピー の方法については、こちらの記事などをご覧ください。

FlexiCapture - あるフィールドの値を別のフィールドへそのままコピーしたい

 

 

 

この記事は役に立ちましたか?

7人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧