FlexiCapture 12:パスワードで保護されたPDFを処理したい

質問

ABBYY FlexiCapture 12 では、どうやって パスワードで保護されたPDFを処理できますか。

回答

ABBYY FlexiCapture 12 では、Hot Folder: ホットフォルダ (メールサーバー または ローカル\LAN フォルダ)  を通して パスワードで保護された PDF ファイル を インポートすることができません。

しかし、もし、パスワードで保護された PDF ファイル を プロジェクト設定ステーション/管理者ステーション のプロジェクトに直接インポートする場合、 または、スキャニングステーションを通して、インポートする場合、下↓の図のようにパスワードを入力するようにメッセージが表示され、パスワードを正しく入力すると、そのファイルを処理することができます。

mceclip0.png

mceclip1.png
また、スキャニングステーションの Import from Folder/フォルダからインポート のオプションを設定して、パスワードで保護された PDF ファイル の入ったフォルダに割り当てることによって、処理することもできます:

mceclip2.png

この方法では、全てのパスワードで保護された PDF ファイル を スキャニングステーションを使って、[Scan Pages]/[スキャンページ]ボタンを押して、インポートすることができます。

なお、パスワードで保護されたPDFファイル は プリント が禁止されていない場合、処理前、パスワードで保護されていないPDFファイル として プリント できます。この動作は パスワード や 他のメタデータ を削除するが、FlexiCapture上で処理できるようになります。

自動化には、以下の手順を参照してください。

  1. ホットフォルダ を設定し、パスワードで保護されたPDFファイル と パスワードで保護されていないPDFファイル を同時にインポートします。
  2. パスワードで保護されていないPDFファイル は異常なしにFlexiCaptureにインポートされるが、パスワードで保護されたPDFファイル は 例外のフォルダ に移動されます。
  3. 例外のフォルダ を 開き、パスワードで保護されたPDFファイル に 右クリックし、PDFとして プリント します。
  4. 結果の パスワードで保護されていないPDFファイル を ホットフォルダ に保存します。

上記の動作(例外のフォルダ からのファイルを PDFとして プリントする)を Windowsスケジューラを用いて自動化できます。

プリントした PDFファイル は、パスワードで保護されていないPDFファイルとして、FlexiCapture上処理できます。

この記事は役に立ちましたか?

8人中4人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧