ワークフロー: データ検証、検証、エクスポート...各操作を クライアント、Web側で行うかどうか、処理の流れ、各処理の実行条件の設定を行う

質問

ワークフローの設定方法を教えてください。

回答

サーバー側のプロジェクトを開きます。

「ファイル」から「サーバーからプロジェクトを開く」

mceclip2.png

サーバーへログインします。

mceclip3.png

サーバーのプロジェクトを開きます。

mceclip4.png

「プロジェクト」の「プロジェクトプロパティ」を開きます。

mceclip10.png

「ワークフロー」タブにて、「スキーマ」から各種の設定の種類を選べます。

mceclip1.png

「ワークフロー」の「シンプル」

データ検証 を クライアント側、Webで行うかどうか、などを設定できます。

必要な ステージ(操作) を チェックし、不要な ステージ のチェックを外します。

mceclip5.png

「ワークフロー」の「詳細設定」

データ検証、検証 を行うかどうか、などを設定できます。

各ステージを選択して、[編集]ボタンから、さらに詳細な設定ができます。

必要な ステージ(操作) を チェックし、不要な ステージ のチェックを外します。

mceclip6.png

例: 検証 の詳細設定

「タスクごとの文書」から頁数 の設定などができます。

mceclip2.png

「ワークフロー」の「検証なし」

「検証なし」として、マニュアル操作を行う事を基本とした、自動インポート、自動エクスポート に使用されます。

詳しくはこちらをご覧ください

Hot Folder: ホットフォルダを設定したい - Distributed版

mceclip7.png

「ワークフロー」の「Webキャプチャステーション用」

名前の通り「Webキャプチャステーション」専用の設定です。

mceclip8.png

ウェブキャプチャステーション(Webキャプチャステーション)

Web側をクラウドサービスのように使い、クライアント側とは、ファイルのインポートとエクスポートのみで通信する使用方法です。

mceclip0.png

「ワークフロー」の「Webキャプチャステーション向け詳細設定」

名前の通り「Webキャプチャステーション」専用の設定をさらに詳細に設定します。

必要な ステージ(操作) を チェックし、不要な ステージ のチェックを外します。

各ステージを選択して、[編集]することで、さらに詳細な設定ができます。

mceclip9.png

例: 検証 の詳細設定

Webキャプチャステーション専用の詳細設定 は、もう一方の詳細設定とは、下図のように異なります。

mceclip3.png

mceclip4.png

mceclip5.png

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧