CodeMeterの脆弱性

質問

CodeMeterランタイム は、FlexiCapture 12と共にインストールされるサードパーティコンポーネントです。(Wibu-Systems製の)CodeMeter USBドングルによるライセンス認証を実施する際に必要になります。 

バージョン7.10以前のCodeMeterに セキュリティの脆弱性が見つかったことが報告されています。この脆弱性はどのように回避できますか。

回答

脆弱性の回避には、いくつかのオプションがあります。

本脆弱性に対処するもう1つのオプションは、CMWebAdminおよびCodemeter Runtime Server サービスを無効にすることです。

blobid0.jpg

ライセン認証にWIBUドングルキーを使用している場合、FlexiCapture 12 Release 3 Update 4 (Build# 12.0.3.4164)、またはそれ以降バージョンのFlexiCaptureにアップデート願います。

 

この記事は役に立ちましたか?

3人中3人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧