認識の正解率に応じて検証ステージをスキップする方法がありますか

質問

認識処理したイメージをすべてオペレーターが検証ステーションで確認しなければいけないというのではなく、指定した認識の正解率を上回るイメージは、検証ステージへ移行せずにスキップさせたいです。認識の正解率に応じて検証ステージをスキップする方法がありますか?

回答

<シンプルスキーマ>

認識の正解率に応じて検証ステージをスキップする方法はプロジェクト内の設定で可能です。

プロジェクトプロパティ→ワークフロー]タブでの以下の検証が必要な文字の割合が次以下の場合に検証とデータ検証をスキップ」オプションを使用してください:


デフォルトでは、そちらのオプションの値は0%であり、100%の正解率で認識された文書は検証ステージをスキップするという意味です。ただし、必要に応じてそちらの値を変更できます。

例えば、10%に変更すると、90%以上の正解率で認識された文書も検証ステージをスキップするようになります。

<詳細設定スキーマ>

以下の画面で同様の設定を行うことができます:

ワークフロー.png

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧