検証ステーションとデータ検証ステーションの使い分け

質問

検証ステーションと、データ検証ステーションの使い分けを教えてください。

回答

データ検証ステーションの目的は不確定に認識された文字の検証のみです。
最初にデータ検証オペレーターはグループ検証モードで不確定な文字を見直し、次にフィールド検証モードで不確定な文字を見直します。

検証ステーションでは、データ検証ステーションよりも複雑なチェックができるようになります。データの検証に加えて、オペレータが問題のあるバッチや文書の処理、アセンブリエラーの補正、ルールの適用、バッチの整合性のチェック等ができます。

データ検証ステーションと検証ステーションについての詳細情報は以下のヘルプ記事でご参照いただけます:

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧