Web検証ステーション:フィールドが空白である場合は、「タスクを完了」できないようにする方法はありますか。

質問

文書定義エディタのフィールドプロパティでは「空にできません」という設定をしても、そのフィールドが空白でもWeb検証ステーションでタスクを完了させることができます。

あるフィールドが空の場合には、タスクを完了させないようにするにはどうしたらいいですか。

回答

Web検証ステーションでは「空にできません」という設定はONになっていても、タスクを条件に関係なく完了できます。

回避策としては、以下の2つ方法が考えられます。

  1. 詳細設定のワークフローでは、ルーティングを終了という設定を使用して、空白のフィールドがある場合は文書が例外ステージに移動できます。
    まずは、検証ステージのプロパティではエントリ条件で「常に」を選択します。

    その次は、ルーティングを終了では以下のようにルールを設定します。

    そうしますと、フィールドが空白である場合は例外に移動されます。
  2. 新しい検証ステージを作成し、空白のフィールドがある場合は文書がそのステージに移動できます。
    まずは検証ステージを作成し、エントリ条件では回避策①と同じのルールを作成します。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。

最近の閲覧