FlexiLayout で作成したレイアウトが対象の文書に一致するか確認する方法

質問

インポートしたファイルは「不明な文書」として処理されてしまいます。このような状況で FlexiLayout で作成したドキュメント定義が対象の文書に一致するか確認する方法を教えてください。

回答

ひとつの方法としてタスクのログを採取して確認する方法がございます。タスクをバックグラウンドモードで実行した際に、タスクのログを手動で採取することができます。

バックグラウンドモード:https://help.abbyy.com/ja-jp/flexicapture/12/standalone_operator/bg_task_manager/ 

バックグラウンドタスクをStandalone版だけではなく、Distributed版でプロジェクト設定ステーションにて、バッチにファイルをインポートするとタスクのログを採取できます。また、Distributed版で自動的な処理を実行する場合、タスクのログを処理サーバーモニタから採取できます。

バックグラウンドモードの画面を開きました際に、ログを表示(V) をクリックして、タスクログの画面でログをエクスポート(G)... をクリックして、出力先のフォルダとファイル名を指定します。

mceclip0.png

mceclip1.png

ログの画面もしくはタスクログの出力ファイルの中で、次のようなパターンでドキュメント定義の不一致が発生したかを確認できます。-1 10 2022/05/09 13:12:16 文書 1: ページ 1: FlexiLayout '**********' を一致できません。

-1 110 2022/05/09 13:12:16 文書 1: ページ 1: ドキュメント定義がまったく一致しませんでした。
:
-1 21 2022/05/09 13:12:20 文書 1: ページ 2: FlexiLayout '**********' のヘッダエレメントを一致できません。
-1 22 2022/05/09 13:12:20 文書 1: ページ 2: ドキュメント定義がまったく一致しませんでした。

この不一致が発生するのは、ひとつまたは複数のフィールド・テーブル要素に起因することが多いです。それらのフィールドやテーブル要素を見つ特定するには、全体の一部のフィールドやテーブル要素を無効にして、無効にする対象範囲を順々に移行しながら絞り込みを進めると特定に寄与いたします。

この記事は役に立ちましたか?

0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント

0件のコメント

サインインしてコメントを残してください。